WEB歳時記:成人式 成人祝い

【1月】
オトナって、何歳から?
時代ごとに移り変わる「成人祝い」のスタイル。

【第11回】時代ごとに移り変わる「成人祝い」のスタイル。

毎年テレビのニュースなどでも報道され、話題となる「成人式」。各地方の自治体ごとに新成人を招き、激励・祝福する行事としておなじみですね。

成人を祝う儀式、始まりは「元服」「裳着」

成人を祝う儀礼は古くからあり、その始まりとされるのは、奈良時代に男子の成人を示す儀式として行なわれた「元服(げんぶく、げんぷく)」。数え年で12〜16歳の男子が氏神の社前で服や髪型を大人のものに改め、冠を付けてもらう式です。
また平安時代になると、成人した女子にも着物や化粧を大人のものに改める「裳着(もぎ)」という儀礼が行なわれるようになりました。
こうした儀式は室町時代以降は民間にも普及しましたが、元服年齢には決まりがなく、5 〜6歳から20歳程度までと幅広かったそうです。また江戸時代からは女子の場合も男子同様に元服と称し、18〜20歳位の年齢で、または結婚と同時に行なわれるようになりました。

成人祝いは男子は奈良時代の元服、女子は平安時代の裳着が始まりといわれる

現代の成人式のルーツは蕨市に?

成年を祝う風習が今の成人式のような形になったのは、戦後間もない1946年11月に、埼玉県北足立郡蕨町(現在の蕨市)で実施された「青年祭」がルーツだと言われています。敗戦による暗い世相の中、次代を担う青年達に明るい希望を持たせ励ますため、当時の蕨町青年団長・高橋庄次郎(後の蕨市長)が主唱者となり青年祭を企画。会場にテントを張り、そのプログラムのひとつとして「成年式」を挙行したそうです。

これに注目した日本国政府は、「大人になったことを自覚し、みずから生き抜こうとする青年を祝い励ます」という趣旨のもと、1949年から1月15日を「成人の日」として祝日に制定。それ以降、多くの地方でこの日に成人式が行なわれ、20歳に達した若者を祝うようになったのです。

その後、祝日法改正(ハッピーマンデー制度)に伴い、2000年より成人の日は1月の第2月曜に移りましたが、成人式の式典は今も年中行事として毎年各地で開催されているのは皆さんご存じの通りです。

多様化する成人式の式典

最近の成人式を見てみると、地元出身の歌手によるライブなどショー的な演出が加えられたり、会場も地元のテーマパークなどレジャー施設で開催するというように、エンタメ化が進んでいるのがここ数年の傾向でしょうか。中には千葉県成田市のように、成田国際空港内の屋外スペースで開催するという壮大なスケールのものも。

ちなみにヨーロッパやアメリカでは成人式のようなセレモニーはないそうですが、この日本特有の行事、今後どのように変わってゆくのでしょうか?


※この記事は、2017.01.05に掲載されました。