WEB歳時記


【11月】
子供の健やかな成長を祝う「七五三」
その正しい知識と作法とは?

【第9回】子供の健やかな成長を祝う「七五三」。その正しい知識と作法とは?

11月の年中行事といえば「七五三」。数え年で男の子は5歳(地方によっては3歳も)、女の子は3歳と7歳に、晴れ着を着て神社の氏神に参拝して無事成長したことを感謝し、将来の幸福と長寿をお祈りする行事です。
もともとは宮中や公家の行事でしたが、江戸時代には庶民の間でも広く行なわれるようになりました。昔は子供が大人になる年齢まで生存できる率が極めて低かったため、「子供が無事に成長して立派になって欲しい」という親たちの願いから生まれた習わしと言われています。

現代でも七五三は盛んに行なわれていますが、初めて経験する親御さんたちにとっては「七五三のお祝いってどのようにすればいいの?」と戸惑うこともあるかも知れません。そこで七五三の基本的な流れをおさらいしてみましょう。
まず7歳、5歳、3歳の年齢ですが、現代においては数え年と満年齢のどちらでもよく、一般的には満年齢でお祝いする家庭が多いようです。
そして正式な装いは以下が一般的です。

  • 男の子(3歳・5歳)
    紋付きの羽織に袴
  • 女の子(3歳)
    肩揚げをした着物に帯を結ばず、被布(ひふ)というベストのような羽織
  • 女の子(7歳)
    肩揚げ、おはしょりや腰あげをした友禅模様の着物に丸帯
七五三の正式な装い

これらの衣装はレンタルを利用することも可能です。また近年では衣装のレパートリーが豊富になり、洋服でのお参りも増えています。ただし目的は記念撮影ではなく、子供の成長を神様に感謝する日であることを忘れずに、神社へのお参りは欠かさずしっかりと行ないましょう。

そのお参りのしかたですが、神社の鳥居をくぐったら、まずは手洗い所の水で口を濯ぎ手を洗ってお清めをします。鈴を鳴らしたら「二拝、二拍手、一拝」の基本に沿って、子供を中心に家族や親族全員で正しくお参りをしてください。
また七五三のお参りでは、神主さんに「ご祈祷」というお祓いをしてもらっている姿もよく見かける光景。このご祈祷を受けることで、「これからも子供に災厄が訪れず、いつまでも健康でいられるように」と神様にお願いすることができます。

千歳飴

ちなみに七五三に付き物といえば「千歳飴」ですが、これは 江戸時代に浅草の飴売りが、紅白の棒状の飴に「千年飴」と名づけて売ったのが始まりと言われています。「長生きするように」という願いを込めて、細長い形にしたんですね。

そして無事にお参りが済んだら、両家の祖父母や親族の方々を招待してお祝いの席を設けたり、親しいご近所の方々へ内祝いをして回ったりして七五三の行事を満喫しましょう。このおめでたい日が子供たちにとって、一生忘れられない楽しい思い出になるといいですね。


※この記事は、2016.11.01に掲載されました。