WEB歳時記


【7月】
7月は「海の月間」
夏の海を思いっきり楽しもう!

【第5回】 7月は「海の月間」。夏の海を思いっきり楽しもう!2016年の海の日は7月18日

7月は海水浴やマリンレジャーのシーズン。本州では7月に海開きを行なっている海水浴場が多いようで、休日には多くの人々が海に繰り出すことでしょう。
また7月の祝日に「海の日」があります。この日は「海の恩恵に感謝するとともに、海洋国日本の繁栄を願う」ことを趣旨としていますが、元々は1876年に、明治天皇が明治丸で東北から北海道へ巡航した後、横浜港に帰着した日(7月20日)に因み、1941年に「海の記念日」として制定されたものです。それを1995年に「海の日」と改称して国民の祝日に制定、翌年から施行されました。

こうした経緯から当初「海の日」は7月20日だったのですが、祝日法の改正(ハッピーマンデー制度)により、2003年からは7月の第3月曜日に変更。毎年「海の日」は土日を含めた三連休となり、より国民に対してレジャーや旅行需要の促進を図っています。ちなみに今年(2016年)の「海の日」は7月18日ですね。

またこの年以降は、広く国民に海への理解と認識を高めてもらうため、7月の1ヶ月間が「海の月間」と定められました。国土交通省海事局が中心となり、地方公共団体や海事関係団体などと協力して「海フェスタ」を開催。「海の日」を中心とした期間中は、記念式典やシンポジウムのほか、船の体験航海、マリンスポーツなど海に関するさまざまなイベントを、海にゆかりのある都市で毎年実施しています。
ちなみに今年は愛知県豊橋市を中心とした8つの自治体を会場に、「海フェスタ東三河」として7月16日から16日間にわたり開催されるそうなので、休日を海で過ごしたい方は出かけてみてはいかがでしょうか。

海で楽しんだら日焼けした肌や髪のケアも忘れずに。

さて、海水浴やマリンレジャーを楽しんだ後は、お肌や髪のお手入れが不可欠ですよね。日焼けで赤みを帯びてヒリヒリしている肌や、海水や塩素で傷んだ髪のダメージケアに役立つアイテムもこの時季には充実しているので、お出かけ前にこうしたケアの準備をして、夏の海を思いきり楽しんでくださいね。



※この記事は、2016.07.01に掲載されました。
※掲載されている情報・日付は掲載時のものです。ご了承ください。



日焼け後のお手入れにも!プロテクトシャワーガード