WEB歳時記

【3月】
街で袴姿の女子学生を見かける季節。
卒業式に袴を着るのはなぜ?

卒業式には欠かせない装いとなった「袴」

今では卒業式には欠かせない装いとなった「袴」。3月の卒業シーズンには、街のあちこちで袴を着た卒業生を見かけますよね。袴姿はおしとやかさの中にも凛々しさがあり、女子学生たちを普段とは違ったこの日だけの特別な雰囲気に演出してくれます。また最近の袴には現代的なデザインやアレンジが施され、大人っぽさと可愛さを兼ね備えた“大人カワイイ”袴姿が人気のようです。ところでこの袴はいつ頃から着られ、なぜ卒業式に用いられるようになったのでしょうか。

歩きやすい服装「袴」

一般的に女性が袴を着るようになったのは明治時代からのようです。欧米文化が日本に広がり始め、積極的に外へ出歩くようになった女性たちからは裾さばきが気にならず歩きやすい服装が求められ、袴が好まれるようになりました。明治から大正にかけては学校の女性教員が着るようになり、また昭和の始め頃まで袴は女学生の制服とされていたようです。この頃には袴に編み上げブーツ、洋風のヘアスタイルに大きなリボンを付けた、和洋折衷のファッションが大流行したそうです。

その後女子学生の制服はセーラー服などに変わり、日常的に袴を着ることはなくなりました。しかしかつて制服であった袴は、学業との結び付きが強い女子学生の象徴として、卒業式の衣装という形で定着したと言われています。また、宝塚歌劇団の正装として袴が用いられたことや、戦後テレビ放送が始まると、人気女性歌手が袴を着て歌う姿が全国に映し出されたこともあり、袴姿に多くの女性が憧れたようです。

袴の定番の模様といえば「矢絣(やがすり)」

ところで袴の定番の模様といえば「矢絣(やがすり)」ですね。この矢絣は「矢のようにまっすぐ一直線に突き進め」という意味が込められていて、新たな人生の旅立ちの日にふさわしい柄とされています。着物よりも颯爽と歩くことができる袴は、社会進出という新しい世界を切り開いた明治の女性たちの気持ちを感じ取ることができる、時代を超えた“勝負服”といえるのではないでしょうか。


※この記事は、2016.03.01に掲載されました。