NARL517(ナール517)

NARL517(ナール517)

手術や麻酔を行わない自然の力による脂肪アプローチ

NARL517は、独自のセラミック素子を内蔵した照射パッドを体の一部にあて、NARL超音波を照射することにより、その部位の脂肪を燃焼しやすい状態にする超音波トリートメント機器。照射後、有酸素運動などを部分的に行うことで自然の力で脂肪をエネルギーとして消費します。
照射パッドは、施術部位に応じて4種類をご用意。施術中の満足度を高めるムーブ(振動)機能も搭載しています。


スリムになるためにできるナチュラルな方法
それは脂肪分解ブロセスを活性化させること!

脂肪分解とは?
脂肪分解とは、脂肪(脂肪細胞の中のトリグリセリド)を遊離脂肪酸(FFA)とグリセロールに分解することで行われます。FFAは体の基本的な機能を支える主要なエネルギー源で、いったん血中に誘導されると、グリセロールとともに燃焼し、純粋なエネルギーとして体内で使用されます。

どんなトリートメントなのでしょう?
ターゲットとする部位にパッドを装着し、10分間NARL超音波を照射します。その他の部位を行う場合は、パッドを置く位置をずらして照射を延長します。
照射部位は、一時的に脂肪燃焼されやすい状態になりますが、燃焼されなければ60〜90分以内にホメオスタシスの原理※により元の状態に戻ります。そのため、部分敵に継続的効果のある脂肪減少を行うためには、トリートメント後60分内に80〜100kcal程度の有酸素運動などを行いFFAを消費する必要があります。

※ホメオスタシスの原理:
ホメオスタシス=恒常性の維持
外部環境の変化に関わらず、生物において内部環境を一定の状態に保つ動きのこと。

ナールスリミングプログラム

画像をクリックすると拡大表示します。


NARL517の仕組みと使い方


NARL Slimming Program | ナールスリミングプログラム

ナールスリミングプログラム
ナールスリミングプログラム
ナールスリミングプログラム

Q&A

Q.
 
ナール照射後、60分以内に連動やトリートメントをしないとどうなりますか。
A.
 
ホメオスタシスの原理により、脂肪燃焼されやすい状態から元の状態に戻ります。
Q.
 
なぜ100kcal以上の運動量や心拍数が120以上する激しい運動をしてはいけないですか。
A.
 
体のメカニズム上、運動が過剰になると、ナール超音波により脂肪が燃焼されやすくなった部位より先に肝臓や胃にあるFFAが燃焼されてしまい、部分的な脂肪燃焼には効率的ではありません。激しい運動をしたい場合は80〜100kcal燃焼後、15分休憩をはさんでから行ってください。
Q.
 
食後にナール照射をしても大丈夫ですか。
A.
 
食後は、脂肪細胞への糖や脂肪の吸収が進みますので、ナール照射による結果が出にくくなってしまいます。 食後は2時間以上空けてから行ってください。

スペックNARL517 MS(ナール517 MS)

お腹まわりや太ももなど、皮下脂肪、内臓脂肪、セルライトが気になる部位に対し、広範囲でトリートメントできる、NARL517のスタンダードモデル。

<接続可能照射パッド>
21素子 / 12素子 / 8素子 / 2素子
※同時に4パッド接続可能
※最大使用可能素子数 合計66素子

<付属品>
照射パッド21素子×2枚
照射パッド12素子×2枚
<仕様>
超音波出力強度:10〜110mW/㎠
出力周波数:517kHz±10kHz
タイマー表示:分単位設定可能/最大30分
使用環境温度:10〜40℃
相対温度:30〜75%
気圧:700〜1060hPa
外形寸法:W418×D318×H130mm
質量:約5kg
消費電力:約120W
電源:AC100V(50/60Hz)